少額取引から始める仮想通貨入門:初心者向け ─ 仮想通貨で儲けよう★



目指せ!1000万円チャレンジ/少額取引から始める仮想通貨入門:初心者向け ─ 仮想通貨で儲けよう★

ここでは、管理人が2017年5月から20万円の資金を元に2018年12月末までに1000万円を目指すチャレンジの経過を紹介しています。






2018年1月の損益(資産額の推移)

仮想通貨を売ったときに情報を追加しています。
1円以下単位の金額は切り捨てています。

1月1日947,260円
1月5日↑954,520円
1月8日↓924,520円
1月9日↑1,037,430円
1月13日↑1,041,910円


<< 2017年12月 │ 2018年1月 │ 2018年2月 >>

日記的なコメント

■1月18日 [ 11:40 ]

午前0時くらいを下げのピークとして、トレンドが反転しましたね。そのあたりで買い増しが出来ている人はすでにかなりの利益が出ていると思います。

毎度のことですが、高値で売って大暴落を待ち続けていた場合を除いて、結局はガチホ+底で買い増しというのが一番楽ですね。底値付近で売ってしまって、買い直す前に一気に高騰して置き去りにされる(往復ビンタ)というのは、一度経験するとその怖さが分かります。

私も昨夜の下げでうまく草コインを仕込めたのとネム(XEM)を90円台で買えたので、これから少し楽しみです。

■1月17日 [ 17:00 ]

バイナンスの日本語ページが無くなったという話題がありましたが、単純にGoogle翻訳をUIに取り込む準備だったようですね。以前の直訳系のものよりは理解しやすくなっていますが、まだ英語の方が分かりやすいレベルですね。

■1月17日 [ 12:30 ]

この下落は長引くとヤバいですね。昨年9月くらいにあった暴落と似ています。恐怖でどんどん売る人が増えるので下落が止まらずに連鎖していきます。

買い増すなら明日あたりが良いと思います。徐々に上げ出すか、逆にもう一度大きく下げるのでそのタイミングで入ると安全かと思います。一旦売った人は、売り値よりもできるだけ安いタイミングで入れば枚数を稼げると思います。下の方で売ってしまった人は、上げ出して置き去りにされないように張り付く必要があるので徹夜覚悟ですね。それができない人は売らずに握って買い増しの方がまだマシかもしれません。

こういうときはビットコイン(BTC)建で取引しているとあまり気にならないんですけどね。ひとまずビットコイン(BTC)の数を増やせるように動いていきましょう。

■1月16日 [ 20:50 ]

出かけて帰ったらこれです。ビットコイン(BTC)が一時110万円台まで落ちたようですね。まさかここまで落ちないだろうと思いながら指していた120万円台が約定していて笑ってしまいました。

下げている状況を見ててもどうせ売らなかったので状況はまったく変わりませんが、リップルは買い増ししていたらかなり利益が出ていたでしょうね。せっかく安く買えたBTCをいくらで売ろうか迷ってます。さて、そろそろアメリカタイムが始まりますが、どうなることやら。

■1月16日 [ 15:00 ]

コインチェックではなんとも言えない悲惨な声と、不安を煽る声でチャットが埋まっていますね。バイナンスの銘柄もほとんどが悲惨で笑っていられない状況です。バイナンスで保有しているコインは、まだ買値の3倍程度の価格ですが、2倍程度まで落ちてきたらゲンナリです。好調だったときに仮想通貨を始めた人にとっては、実際かなり不安になっているかもしれませんが・・・

ひとまず、こういうのは何度もあるので経験しておくのは良いことだと思います。買い増すには絶好のチャンスかもしれませんが、過去には2週間以上も下落を続けたこともあるので少量ずつ買っていくと良いと思います。

■1月15日 [ 15:00 ]

あまり動きのない相場ですが、少し注目したい話題がありました。トロン(TRX)のCEOジャスティン氏が昨日、Twitterで「日本の金融庁に申請書を提出した。金融庁にて申請が承認されると、いくつかの日本の取引所がTRONを上場させるでしょう。」というツイートを投稿しました(実際のツイートはこちら)。これ、「日本に上場したい(するでしょう)」と言っていただけのツイートではなく、正式に申請したということなので、かなり本気ということですね。

もちろん「承認されたら」の前提になりますが、コインチェックやビットフライヤー、ザイフで取り扱いを始めたらリップルやネムの立場を脅かすことになるのは確実でしょうね。XPと同じく、かねてよりコインチェックのチャットで騒がれていたコインですし、海外取引所へ登録していない人達も目にしたことがあるでしょうから、承認されて日本で上場すれば一気に高騰しそうです。取り扱う日本の取引所も話題の仮想通貨を上場させれば大きな収益に繋がることは明白なので大手はすぐに取り扱いだしそうです。

まずは申請が承認されることを祈りましょう。そうでなくともトロンは現在かなり価格が下落しているので買い増しには良いタイミングかもしれません。

バイナンスでは「INS Ecosystem:INSエコシステム(INS)」が上場しました。

■1月14日 [ 14:00 ]

イーサリアム(ETH)とイーサリアムクラシック(ETC)が好調ですね。イーサリアムクラシック(ETC)は安いときに送金用で買っていたのでラッキーでした。このコインはBTC下げで一気に引きずられるので、多少上がったら利確しておくのも良いんですよね。滅多に高騰することもないので。

■1月13日 [ 20:00 ]

停滞したまま週末に突入するので、しばらくはこの価格帯のまま動かないかもしれませんね・・・

コインエクスチェンジでは、ライトコイン(LTC)建で購入できるYocoin:ヨーコイン(XYOC)が好調です。昨夜まで1litoshi(0.00000001LTC)で買えましたが、本日3litoshiまで高騰し、現在は1〜2litoshiで動いています。私は約9000円で3000万枚購入して半分を2litoshiで売りました。残りは20倍ほどになったら売ろうかと思います。

■1月12日 [ 15:50 ]

本日はあまり動きのない一日ですね。昨日リップル(XRP)などを買い増しした人は少しずつ利確していくと思うので、それが終わるまではヨコヨコでしょうね。

バイナンスでは「iExec RLC:アイエグゼックRLC(RLC)」が上場しました。

■1月11日 [ 23:50 ]

コリアショック、韓国での仮想通貨取引所規制の法案によるリップル(XRP)のパニック売りでしたが、即時閉鎖を懸念したものだったようです。結局法案自体はこれから議論に入るということなので、高い確率で否決されることと、可決されるにしても法案が適用されるのに最低でも2〜3年先だということで落ち着いたようです。冗談みたいなことで暴落するのが仮想通貨ですが、これに慣れないと精神的にやっていけません。

リップル大国・韓国発の問題だったので日本でも怖くなって売ってしまった人もいるようですが、今はほぼ価格が戻ってきていますね。ビットコイン(BTC)の価格が戻れば暴落前に戻るでしょう。

■1月11日 [ 14:30 ]

CC銘柄の全ての仮想通貨はことごとく下げていますね。韓国で仮想通貨取引所の規制が発表され法案が出されるという「ウワサ」です。報道自体はたしかにありましたが、撤回や規制内容変更の可能性が高いようです。しかし現実として下げまくっているので、もはや韓国ショックですね。昨年は同様のことが中国発で起こりました。リップル(XRP)は韓国での取引量が世界全体の過半数を占めているので最も深刻なダメージになるでしょうね(私はこれが不安で昨年秋にはリップル保有率を資産全体の5%以下にしました)。北米でホルダーの多いライトコイン(LTC)はこういう時にその力を発揮してくれますね。

ひとまず、起きている現象もチャイナショックと同様だとすれば、韓国では一時的に撤退する人と、資産を海外取引所へ逃がす人とそれぞれだと思います。待ってれば回復はしますので私は楽観視しています。

また、急落している相場の場合でも高騰している場合と同様に市場は賑やかなので出来高はどんどん増えています。ビットコイン(BTC)建の取引の場合はビットコイン(BTC)を増やすチャンスでもあるのでしばらくは海外取引所でのんびりやりましょうかね。

■1月10日 [ 23:40 ]

リップル(XRP)が暴落していますね。一時210円台まで下げて少し戻した感じになってます。好調なイーサリアム(ETH)建でリップルが売られたのかなと思いますが、これにビットコイン(BTC)の下落が乗ってダブルパンチ状態ですね。で、わりと名物になっている韓国と日本のパニック売り。ホルダーは心臓に悪いのでチャートは見ない方が良さそうですね。かくいう私も2.3ドルで捕まってしまっています。リップル(XRP)の下落を待っていた層も多いので買いもそこそこ入っています。価格が戻るまでしばらく待ちましょう。

イーサリアム(ETH)高騰し出してからは完全にノーマークでした。ハードフォークによってイーサゼロ(ETZ)分裂の話もありましたが、キャンセルで流れているようですので完全にイナゴ相場かなと。

バイナンスでは新しくVIBE:ヴァイブ(VIBE)が上場しました。いきなり上場前後で400%という恐ろしい暴騰をしています。しばらくして利確が進めば買いに入れるタイミングが来るでしょう。

■1月9日 [ 18:00 ]

ぼけっとしてましたが、ヴァージ(XVG)は昨年末から言われ続けていたレイスプロトコルがようやく実装できたことによる高騰のようです。しばらくは放置して待つ必要がありそうだと思っていましたが、これで日本の取引所でも上場できる可能性が高まりましたね。

逆にトロン(TRX)が大きく下げてしまいましたが、こちらもあまり悲観はしていません。今週は提携企業の発表があるようですし、バーンによる相対価格上昇もあるので少し期待して待ってみましょう。

■1月9日 [ 14:30 ]

午前中に価格が回復しだしたので今日はある程度のレンジ内で値動きしそうです。夜中のアメリカタイムで再び大きく下げるようであれば、市場が慎重になりだすので怖いですね。

ヴァージ(XVG)が1700SATに高騰しました。すぐに下げましたが、この上げ下げを繰り返して高値を更新していって欲しいですね。

■1月8日 [ 22:30 ]

アメリカタイムからの利確がはじまりましたね。オルトコインにも結構資金が入ったので200万円が天井でした。軽い下げで再びヨコヨコの持ち合い相場になればオルトコインが再び上げていくと思いますが、このままじわじわビットコインが下げるとオルトも引きづられて大きく下げることになりそうです。

すでに高値で売り抜けている人は下で買いに入るチャンスでもありますね。私は明日の早朝あたりの様子を見てみます。

■1月8日 [ 18:15 ]

バイナンス新規登録の再開について
バイナンスの新規登録が再開されることになりました。ただし、1日で登録が可能となる時間が限られているようですので、登録可能な場合早めに登録をおこなっておくと良いでしょう。
バイナンスへの登録方法はこちら

コインエクスチェンジも登録しておく
バイナンスの新規登録とあわせて、コインエクスチェンジへも登録をおこなっておきましょう。ここもかなりの数のオルトコインが上場しています。登録は承認・制限なし(メールアドレスとパスワードのみ)で取引がすぐにおこなえます。
コインエクスチェンジ登録方法はこちら(コインの送金・出金、取引の手順なども画像付きで説明しています)

■1月8日 [ 16:00 ]

昨夜のファクトム(FCT)の高騰は圧巻でしたね。話題になっているビットフライヤーの新規上場銘柄がファクトム(FCT)であるというツイートが広まって買われたようです。その後公式で否定されてしまいましたが、もともとファクトム(FCT)はホルダーがほとんど売らない底硬いコインなので結果的には良い感じに高止まりしてくれていますね。

イーサリアム(ETH)とイーサリアムクラシック(ETC)も好調ですね。イーサリアム(ETH)はリップから時価総額2位の座を奪還しました。このままどんどん上げ続けてくれると良いですね。

■1月7日 [ 13:30 ]

コインチェックのコインは概ね好調ですね。エクスペリエンス・ポインツ(XP)が昨日から下げ出したので一旦半分売ってから先ほど下で入りなおしました。そこそこの値段で原資と利益分を確保しているので数は少し減らしましたがあとは放置で良さそうです。さらに大きく下げたら買い増しする感じでいきます。

リップルは市場が成熟したようなのでレンジ内を上げ下げする期間がしばらく続きそうです。海外取引所でスキャルピングをおこなって枚数を増やせています。バイナンスのコインは低調が続きますが、これを乗り切らないと上へはいけないのでじっと我慢して待つしか無さそうですね。

■1月6日 [ 14:50 ]

ビットコイン(BTC)に資産が吸われています。リスク(LSK)とライトコイン(LTC)だけそこそこ上げていますね。ライトコイン(LTC)は上げてる理由がまったくわかりませんが、ビットコインの利確がはじまると一緒に下げてしまうことが多いのであまり喜んではいられない感じです。

今月はビットフライヤーに新しく仮想通貨が上場するそうです。噂ですが、それがリスク(LSK)であるような情報が広まって多少の期待で上げているようです。もし違ったらすぐに売られてしまいそうですが・・・。リップル(XRP)の可能性も高いですね。

その他の情報としては、バイナンスにAPPコイン(APPC)が上場しましたね。相変わらずの上場後の値動きです。しばらく様子見ですね。

■1月5日 [ 21:50 ]

バイナンスの上場通貨の投票が終わりました。RaiBlocks:レイブロックス(XRB)が1位ですので上場確定でしょう。2位がExperience Points:エクスペリエンス・ポインツ(XP)ですね。こちらはまだ未定ですが、少なくとも次回あらためて投票した際には上場するでしょうね。XPを買ってから1週間で3倍ほどになりました。少額なので大した利益は出ていませんんが、まだまだ期待できそうです。

さて、本日のアメリカタイムはどうなりますかね。

■1月5日 [ 14:15 ]

トロン(TRX)の躍進が凄まじいですね。コインチェックのチャットでもトロンの話題ばかりです。ネムが伸び悩んでいる間にADAとトロン(TRX)が上がって時価総額で現在トロンは6位です。利確による大きな下げがありましたが、1500で下げ止まってるところを見ると、再び2000を超えるのは早そうですね。
バイナンスでは新規登録を一時停止しているので資産流入が少し減りますが、逆に言えばその間に買い増しできるチャンスにもなりますね。

■1月5日 [ 02:00 ]

トップページに書きましたが、バイナンスはここ最近の新規ユーザー増加のため、サーバーを増強するそうです。それが完了するしばらくの間、新規ユーザー登録をおこなわないと発表しました。その間にもヴァージ(XVG)やトロン(TRX)などのコインが高騰していきそうです。

新規登録が再開されたら、改めてお知らせいたします。他にも仮想通貨の上場をたくさん控えていますので新規登録の再開後は早めに登録をおすすめします。送金用のコインを用意してお待ちください。

■1月4日 [ 22:35 ]

アメリカのアクティブタイムに入ってすぐトロン(TRX)が怒涛の暴騰で一時160%を記録。時価総額はライトコイン(LTC)を抜いて8位。はじめてこんな数値を見ました。前日比2.6倍です。利確で下がるのか、調整が入って、このまましばらく上げ続けるのかわかりませが、とにかく期待値は相当ですね。
エクスペリエンス・ポインツ(XP)も24SATOSHIで高値更新です。

これからバイナンスへ送金する方へ:BTCとETHは送金詰まりが発生して着金に数時間かかっているようです。ETCやLTCなどで送金するとすぐに着金します。

■1月4日 [ 16:20 ]

ダッシュ(DASH)を抜き去り、トロン(TRX)の時価総額ランクがなんと10位に・・・。8位に下げてるライトまでは抜けそうです。さらにCoin Burn(バーン)で総発行枚数を2割も削ることになれば、それだけでも価格が一気に上がります。ちなみにバーン予定は1月中(8日?)とされています。確定したわけではありませんが、将来取り扱う日本の取引所がどこなのかも気になりますね。

■1月4日 [ 14:20 ]

ビットコインと共にオルトコインも好調で上げています。正月明けで銀行も営業しだしたため、資金の流入で買いが殺到している感じですね。いいお年玉になってます。リップル(XRP)とネム(XEM)が凄いですが、トロン(TRX)は前日比2倍は軽くいきそうです。シンディケーター(CND)もいいですね。共に最高値を更新しています。

注意したいのは、この状況がいつまで続くかです。夜には暴落するのか、来週まで上げ続けるのか、または、週末だけ下げて再び急騰するのか、昨年の冬のボーナス時のような加熱した状態になるのであれば大きく資産を増やすチャンスになりますね。

ライトコイン(LTC)にはもっと頑張って欲しいです。

■1月3日 [ 23:15 ]

シンディケート(CND)が好調です。ビットコイン高騰の影響もあって先日買った価格のちょうど倍くらいになっています。トロン(TRX)も昨夜に引き続き好調ですね。このまま上げ続けてもらえると嬉しいですが、なかなか難しいでしょうね。トロンはファウンダーのジャスティンが中国の大手アリババの業務参画を画策しているというツイートで注目を集めています。もし実現したらリップルなど一気に抜き去る恐ろしい状況になりそうです。今月はトロンをメインに枚数を増やしていこうと思います。

そのほかでは、エクスペリエンス・ポインツ(XP)が急騰しています。昨日かなり下げて0.1円でしたが、今日になって0.2になっています。バイナンスの上場投票でも2位の人気草コインですので、恐らく将来の上場は確定でしょう。0.1円の時に10万枚だけ購入してみましたが、これも一日で倍になっています。10円になったら100倍ですので夢があります。

また、コインエクスチェンジの銘柄では密かに少額だけ買ってみた仮想通貨がもう一つあります。DigiCube:デジキューブ(CUBE)というコインなんですが、現在0.03円です。0.01円(1SATOSHI)で10万枚(1000円分)購入しました。約定できれば再び0.01円で20万枚買います。これより下がない値段で買ったので数年放置しておく予定ですが、コインエクスチェンジはあまりに取引がされないと上場廃止もあるのでたまに確認しないといけないですね・・・(笑)

■1月3日 [ 11:25 ]

ビットコインの不意打ち的な高騰で、オルトコインはいわゆる「カツアゲ状態」ですね。ヴァージが特に酷い状態です。売り買いが一巡するまでのんびり見てましょう。

■1月3日 [ 01:50 ]

トロンは500SATOSHI付近で底が出来た感じでしょうかね。凄まじい上げでした。今後まだまだ上げていきそうですね。CNDも地味に上げています。逆にXVGが下げまくっているのが悲しいところです。

■1月2日 [ 23:20 ]

アメリカのアクティブタイムに入ってすぐにトロン(TRX)の急騰がはじまりました。売り板と買い板の厚みがすごいことになっています。売り買いの攻防からどうなっていくのか見ものですね。

2018年1月2日/初心者向け:少額取引から始める仮想通貨入門

■1月1日 [ 23:20 ]

アメリカもヨーロッパも年明けは下げでしたね。いいタイミングで売り抜けてから買い戻した方が良さそうですね。ただ、底付近で買い戻せる自信が無い場合は握り続けても問題ないレベルなのもわかりました。ビットコインの下げに巻き込まれやすいコインだけ注意するというのもアリですかね。

■1月1日 [ 10:30 ]

本日は順調に価格が上がっていますね。北米が新年を迎える14時以降にどの程度の動きがあるか注視しておきましょう。日本では日付が切り替わった際に大きく下げてすぐに回復しました(他国からは大ブーイングがおこったそうです)。アメリカの動きが分かれば今年の年末にある程度の予測ができるようになりますね。まだ随分先の話ですが、こうして記憶しておくことが重要です。昨年のボーナス時期は夏・冬共に高騰した後の大暴落がありました。今年はさらに市場が拡大するでしょうから、より大きな動きになりそうですね。2018年前半は、まずは夏のボーナス時期までにどれだけ安くコインの枚数を増やせるかに掛かっていそうですね。

■1月1日 [ 5:05 ]

シンディケーター(CND)とトリガー(TRIG)が好調ですね。時価総額100位前後の仮想通貨は週で1.5倍ほどの高騰が結構あるので飽きません。

国内取引所ではコインチェックのファクトムが伸びてますね。年内6000円と予想していましたが、年が明けてから6000円を超えてきました。ビットコインがこのままヨコヨコか上げていけばオルトコインも順調に伸びていきますが、BTCが暴れると時価総額上位の仮想通貨はかなりの規模で巻き込まれそうです。その点ではファクトムは優秀そうですね。

他はモネロ(XMR)やダッシュ(DASH)が地味に上げてくるように思います。昨年末はリップルとネムが立場を分かつように目立ちすぎるくらいの動きがありましたが、モネロ・ダッシュ、期待を込めてライト辺りが上向きに行ってくれると面白い展開になりそうです。

■1月1日 [ 0:20 ]

あけましておめでとうございます。今年は仮想通貨にとってどんな1年になるか楽しみですね。

年明け早々に税金に関する上げ下げがいくらか発生するだろうと予想されていましたが、ビットコインは下げるどころか上げてますね。買いによるマイナススタートというところでしょうか。あとは昼間にどうなるかといったところです。

ヴァージ(XVG)が年明けすぐに投売りされて価格を落としましたが、このコインはほんとに乱高下が激しいです。シンディケーター(CND)は順調に価格を上げています。トロン(TRX)も珍しく300SATOSHIを超えてきました。北米が年明けを迎える日本時間14時以降にはどのように動くか見ておくと来年の予想も立ちそうですね。

バイナンスで次期上場に絡む投票をおこなっていますが、現在はRaiBlocks(XRB)とExperience Points(XP)の一騎打ちの状態ですね(XRB優勢)。いずれも急騰している仮想通貨ですが、バイナンス上場が決まればさらに価格が高騰することでしょう。





日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で


安全安心な仮想通貨取引所 Zaif:ザイフ

ページの先頭へ
メニューへ