少額取引から始める仮想通貨入門:初心者向け ─ 仮想通貨で儲けよう★



コインウォレットって何?/少額取引から始める仮想通貨入門:初心者向け ─ 仮想通貨で儲けよう★

ここでは、仮想通貨をしまっておくコインウォレットについて簡単に説明しています。






ウォレット(wallet)とは

直訳すると「財布」のことです。仮想通貨のウォレットは、購入した仮想通貨を保管することができる重要なデジタルの財布です。

仮想通貨取引所を銀行に例えると、ウォレットはその銀行の口座のような位置付けとなります。複数の銀行(仮想通貨取引所)へ口座(ウォレット)を持っておけば、仮想通貨を別の取引所へ送金することもできます。


ウォレットの種類

仮想通貨のウォレットは仮想通貨取引所内につくられるウォレットを含め、いくつかのタイプがあります。

取引所のウォレット

仮想通貨取引所内につくられるウォレットです。登録時に自動で作られます。可能性はほとんどありませんが、仮想通貨取引所がハッキングされると仮想通貨を盗まれることもあります。仮想通貨取引所へのログインパスワードなどは外部にもれないように注意しましょう。初心者の場合はこれだけでも充分です。


クライアントウォレット

アプリケーションをダウンロードして、自分のパソコン上で使うウォレットです。ブロックチェーンと呼ばれる取引データをダウンロードする必要があるため、かなり時間がかかります。また、自分のパソコンに保管するため、ウィルス対策などを怠ると非常に危険です。あまり利用することはないでしょう。


ハードウェアウォレット

パソコンにUSB接続するフラッシュメモリ型のウォレットです。物理的にウォレットそのものを管理できるため、セキュリティは非常に高くなります。ただし、ウォレットを紛失してしまった時や、誤ってデータを消してしまった場合に、ウォレット内の仮想通貨をすべて失う危険もあります。

ハードウェアウォレットで世界的に最もメジャーなものは、フランスLedger社のLedger NanoS(レジャー・ナノS)です。ビットコインだけに限らず、かなり多くのコインやアプリケーションにも対応しています。日本でも正規代理店が販売しています。なお、非常に人気が高いため、現在は予約販売のみとなっています。

Ledger NanoS(レジャー・ナノS)予約はこちらからおこなえます


ペーパーウォレット

紙やカードに仮想通貨の情報を印刷したものです。紙の場合は紙幣のようなイメージになります。もっとも厳重なセキュリティとなりますが、紙やカードを紛失した時点で仮想通貨を失うことになります。






ビットコインを安全に保管・使用できるハードウェア・ウォレット:Ledger Nano S(レジャーナノS)
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で


安全安心な仮想通貨取引所 Zaif:ザイフ

ページの先頭へ
メニューへ