少額取引から始める仮想通貨入門:初心者向け ─ 仮想通貨で儲けよう★



仮想通貨の発行枚数と時価総額の関係・総発行枚数の一覧/少額取引から始める仮想通貨入門:初心者向け ─ 仮想通貨で儲けよう★

ここでは、仮想通貨の発行枚数と時価総額の関係について簡単に説明しています。ページ下部には、主な仮想通貨の総発行枚数(発行上限)の一覧も掲載しています。






発行枚数とは

ビットコインをはじめ、それ以外のすべてのオルトコインには発行枚数があります。

ビットコインは上限が2,100万BTCと決められています。現在は16,738,500BTC(2017年12月)となっています。

各仮想通貨の現在の値段は、仮想通貨の現在の価格一覧で確認できます。


時価総額とは

仮想通貨についている価値・価格に対して発行枚数をかけた金額です。

時価総額を発行枚数で割った金額がその仮想通貨1枚あたりの価格となります。


安い仮想通貨と高い仮想通貨の差

時価総額を発行枚数で割った金額がその仮想通貨1枚あたりの価格ということは、時価総額が高くても発行枚数が多ければ1枚の単価は安くなりますし、逆に時価総額がそれほど高くなくても発行枚数が少なければ価格が高くなります。

リップルやネムなどが現在1枚数十円で買えますが、これらが将来ビットコインのように数十万円になることはありません。リップルであれば総発行枚数は1,000億XRPで、ビットコインの5000倍です。リップルの時価総額が今のビットコインの時価総額に並んだとしても、リップル1枚あたりの金額はビットコインの1/5000になります。

将来どこまで価格が上がるかは、市場規模の拡大と各仮想通貨の時価総額への流入、そこから発行枚数を考慮すればおおよその数字が見えてきます。

例えばライトコインの時価総額が2020年に8兆円まで上がるだろうと仮定した場合、1枚あたりの価格は12〜14万円になります。


今後の価格の伸び

仮想通貨の価格が2倍に上がるには、時価総額が倍以上になる必要があります。時価総額のランキングが上位の仮想通貨は数兆円単位で増加する必要があるため、伸びしろはかなり狭い状況にあります。
時価総額ランキングが10位〜50位くらいであれば、ちょっとしたきっかけで資金の流入が起こり、一気に高騰する可能性があります。
あまり注目されていないランキング100位にも入っていない仮想通貨を狙う場合は、最低でも1週間ほどランキングの動きを見てみると良いでしょう。順調に時価総額を上げてきている仮想通貨があれば、少しでも買っておけば将来大きく上がる可能性があります。


主な仮想通貨の総発行枚数の一覧

発行上限なしの仮想通貨は無限に発行され続けます。

ビットコイン:BTC/XBT2,100万枚
ビットコインキャッシュ:BCH2,100万枚
イーサリアム:ETH発行上限なし
ライトコイン:LTC8,400万枚
リップル:XRP1,000億枚
ネム:NEM90億枚
ヴァージ:XVG165億枚
シンディケーター:CND20億枚
リスク:LSK発行上限なし
モネロ:XMR1,840万枚
モナコイン:MONA1億5000万枚
ファクトム:FCT発行上限なし
ポエ/ポーエット:POE31.4億枚
トロン:TRX1,000億枚(※1)
ダッシュ:DASH1,890万枚
ジーキャッシュ:ZEC2,100万枚
ドージ/ドギー:DOGE発行上限なし
ステラ・ルーメン:XML1,000億枚(※2)
カルダノ:ADA450億枚
カッシュ/キャッシュ:QASH10億枚
ブレッド:BRD1億6000万枚
エイドゥ:EDO9000万枚
エクスペリエンス・ポインツ:XP2251億枚
シールド/盾:XSH6億6000万枚
ビットコインゴールド:BTG2,100万枚
イーサリアムクラシック:ETC発行上限なし
オーガー:REP1,100万枚
ムーンコイン:MOON3,850億枚
デジキューブ:CUBE発行上限なし
パックコイン:PAC3兆4000億枚以上(※3)
APPコイン:APPC4億5000万枚
スプラウト/もやし:SPRTS2兆枚以上(発行上限なし)
ストロングハンド:SHND11兆枚以上(発行上限なし)
ビットクリスタル:BCY1億枚
ストレージコインX:SJCX5億枚
ペペキャッシュ:PEPECASH7億枚
ナンJコイン:NANJ300億枚
ビットコア:BTX2,100万枚
ゴーレム:GNT10億枚
ミスリル:MITH10億枚

※1:2018年1月にBurnによって総発行量を20%減らす予定(自分が持ってる分は減らないが相対価値が上がる)
※2:上限に達した後に発行量が毎年1%ずつ増加する
※3:2018年3月1日にHFで発行枚数をその時点の3%まで減らす予定


消失枚数

仮想通貨は日々消失しています。例えばビットコインであれば2017年時点で約400万枚が消失しています。ホルダーのウォレット紛失や送金ミス、ホルダー自身が死亡していたり、取引所でのトラブルでアカウントの復帰ができないなど理由は様々です。

また、リップルなどはロックアップ凍結解除から市場で送金で使われた分はそのまま消失していくことになっています。結果として仮想通貨は発行枚数が最大になって以降はどんどん枚数が減っていくため、価値はより高まっていくことになります。


話題の仮想通貨

話題のヴァージやトロンを買う
登録は5分で完了できます(認証不要で取引開始)。高騰前にヴァージ(XVG)やトロン(TRX)を購入しましょう。説明ではコインチェック経由で仮想通貨を送り、バイナンスでヴァージを買う手順を紹介しています。

バイナンス上場仮想通貨の最新情報はこちら
バイナンスへの登録方法はこちら




ビットコインを安全に保管・使用できるハードウェア・ウォレット:Ledger Nano S(レジャーナノS)
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で


安全安心な仮想通貨取引所 Zaif:ザイフ

ページの先頭へ
メニューへ